花月嵐TOP > メニュー > 期間限定メニュー > 期間限定メニュー「尾道ラーメン彩海」

『尾道ラーメン』ならではのチョット他ではお目にかからない平らな細いストレート麺。ツルツルと滑らかな優しい舌触り!!

本場尾道の、いくつかのラーメン店でも御用達の瀬戸内海・小豆島の醤油を使用。
※小豆島はビッグダディで注目されていました。

有名なところでは京都の九条ネギがあるように一般に関西より西の地方では『青ネギ』が愛用されている。もちろん本場『尾道ラーメン』も青ネギが使われている。

キリリとシャープな醤油スープのエッジに丸みを与える背脂の甘み。やや大粒なところが『尾道』流!!

シンプルな鶏ガラベースの スープに煮干しを絶妙に加えることで旨さがより複雑になり、味に奥行きを与えているのである。

噛み締める度に口の中に旨味がほとばしる柔らかい肩ロースチャーシューを使用。

『尾道ラーメン』の歴史は長く、その発祥は戦前にまでさかのぼる。当時は『中華そば』の名称が一般的であった。その後『中華そば』を出す屋台や食堂が増えて尾道の方々のソウルフードへと成長していった。ちなみに『中華そば』から『尾道ラーメン』へと呼称が変えられたのがバブル時代。山陽新幹線に『新尾道』駅が完成し大林宣彦監督の尾道三部作の映画人気で尾道に数多くの観光客が訪れるようになったことがきっかけであったという。そこでお土産として考案されたのが『尾道ラーメン』であったそうだ。味の基本は長年尾道で親しまれて来た『中華そば』であったが、瀬戸内海に面した利点を活かし『煮干し』の旨味を加えることが考案されたというのだ。結果として、そこで尾道には魚介の出汁(ダシ)を加えるようになった店と従来通り加えない店が存在することとなったという。


らあめん花月嵐オフィシャルサイトトップへ

期間限定ラーメン開発レポート 花月嵐ミュージアム