花月嵐TOP > メニュー > 期間限定メニュー > 期間限定メニュー「会津喜多方らあめん 桜の食堂」

予告
チャーシューの桜が今こそ咲き誇る
会津喜多方の伝統の味をご堪能あれ!!

会津喜多方らあめん『桜の食堂』

会津喜多方らあめん『桜の食堂』の全貌公開!!

シンプルな醤油スープ

豚、鶏ガラ、煮干しをあっさりと煮出した醤油ベースのスープ。大量の野菜を一緒に煮込むことで何とも柔らかみを増した奥行きのある味わいとなる!!

長年の定番具材!!

メンマ、長ネギ、ナルトとラーメンの具材の定番中の定番の具材が丼を飾る。

桜の食堂専用絶品チャーシュー!!

この『桜の食堂』のためにだけ開発されたトロリと柔らかく煮込んだ豚バラを用いた専用チャーシュー。 ライスにのせて食べるとメッチャ旨い!!

喜多方ならではのモチモチ平打ち縮れ麺!!

シンプルなスープに合うよう加水を上げることでしっかりとしたモチモチ食感を実現した自慢の専用麺を採用。

日本の三大ご当地ラーメンの一つ、これが『喜多方ラーメン』!!

NHK大河ドラマ『八重の桜』の舞台である会津藩。その北側であったことから、喜多方市は元々は『北方』と呼ばれていました。明治8年、昭和29年の町村合併により「喜多方市」と命名され、その後の市町村合併を経て、今日の「喜多方市」になりました。主な市の産業は農業、そしてその恵まれた自然のおかげもあり、観光都市としても有名です。良質な水、米をもとにした酒造業や桐材加工、漆器など伝統的な産業が多いため、それら産出物の貯えに最適だった蔵が多く建てられ、今日では「蔵の町」として広く知られています。


らあめん花月嵐オフィシャルサイトトップへ