花月嵐TOP > ランクについて

店舗評価基準表

【特】

来店されたお客様一人一人に、幸せと感動を与え続けることの出来るような本当に素晴らしい店舗。
文句の付けようのない営業は他店の模範であり、他のライバル店を圧倒する。

【上】

マニュアルの主旨をよく理解した上で、さらに細かい接客への心遣いが感じられる店舗。ご来店いただいたお客様に「いい店に来て良かった!」と思っていただけるような営業内容を常に心掛け、実践していこうという気持ちが店全体にいきわたっている。
しかし、他のライバル店もこのレベルを当然意識しており、“出来て当たり前”と見なされる時代であることも忘れずに、さらに高いレベルを目指して努力していく必要がある。

【並】

調理、接客、清掃衛生、管理業務全般にわたり、ピーク時や時間帯別による多少のイージーミスや、営業面での個人差によるバラツキはあるが、ほぼ一応マニュアル通りに運営している花月嵐の定める標準的な店舗。少なくともお客様に対しては不快な感じを与えることは無いが、このレベルで留まるべきものではなく、所詮、他の競合店と戦う為のリングに“やっと上った”に過ぎない。

【劣】

基本的にはマニュアル通りに運営していこうという姿勢は認められるが、部分的に大きなミスや、一部の項目においてはマニュアルを軽視したり、逸脱した行いが見うけられる店舗。
仮にこの状況が続けば、お客様に不快感を与える危険性が高く、他のライバル店よりも劣ると言わざるをえない。いかなる時でもマニュアルに立ち戻ることを忘れずに、努力していく必要がある。

【悪】

マニュアルには一応目を通したが、その主旨がよく解らず、自分にとって都合の悪い部分は勝手な解釈をして、オペレーションを乱しているにもかかわらず、それでもなお「飲食店の経営はこんなものだ」というような妙な開き直りによる自己弁護に終始し、その結果としてお客様に不快感を与え、中途半端な印象を持たれてしまう店舗。
営業面全般において雑であり、このままの営業姿勢を続ける限り、多くのライバル店からは確実に取り残されてしまう。

【害】

マニュアルどころか“飲食店の基本原則”そのものを忘れ、お客様に対する感謝の気持ちなどさらさら無く、自分のエゴ剥き出しの営業内容にも反省するどころか無関心を決め込み、全ての面においてやる気が無く、とてもお客様相手の商売をしているとは言い難い最悪の店舗。
ライバル店から取り残されるどころか、存在自体が社会的害とみなされる。

【滅】

即時、契約解除店舗。

店舗ランキング一覧に戻る